家族葬や直送を行う葬儀社の正しい決め方

家族葬や直送を行う葬儀社の正しい決め方

人生の締めくくりとして多くの方が行うイベントが葬儀ですが、人生の中で1回のみとなっているためあまりよくわからないという人も少なくありません。しかし早めに詳細を決めておくことが必要です。急に葬儀を行うというケースもあるため、生前に内容等を決定しておくと周囲の方に迷惑をかけることも少なくなります。

葬儀は現代になって、より多くのプランが登場するようになってきました。以前は、一般葬が多く行われていたものでした。一般葬は参列者が多く集い、通夜から葬儀までをすべて行うというものです。一般葬以外では家族葬や一日葬、直送などが多くの葬儀社が提供しています。これらのうち特に注目されているのが家族葬と直送です。どちらも現代のライフスタイルにマッチしているプランだといえます。

家族葬では参列者を少なめにするなど、小さな葬儀にすることも容易にできます。また費用を一般葬よりも低く抑えることができます。葬儀自体の内容については一般葬と変わりないため、従来の形式を希望する方でも安心です。また葬儀に対しては、あまり多くの内容を希望しない方も多くなってきており、そういった方に適しているのが直送です。火葬式とも呼ばれているプランですが、通夜や告別式を行わない内容となっています。そのため、数時間で終了することも可能です。シンプルな葬儀を希望する故人や遺族に合っているプランだといえます。

葬儀のプランを大まかに決定したら、見積もりを取ることが必要です。見積もりを取ることで、なかなかわからない葬儀料金の相場が分かってきます。またその料金を見て再度内容を検討し直すことができます。さらに見積もりを取ったら葬儀社と交渉を行います。この際に再度内容を検討し、実際に行うプランや内容をはっきりさせておきます。また実際に支払う料金を交渉で決めていきます。ここまでの作業を生前にやっておくと安心できます。

葬儀については、生前に行わないためイメージできないという人も少なくありません。しかし実際の葬儀の際にスムーズに行動できるよう、料金の決定まですべてを行っておくことが必要です。このサイトでは家族葬や直送など、葬儀のプランの決定の方法、また見積もりから葬儀社との交渉まで、基本的な流れについて説明させていただきます。ざっくりとした内容を理解することで、葬儀に向けてどのように行動したらいいのかがわかります。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

INFORMATION

【2018年09月19日】 
ホームページを更新しました。